FXは課税対象ですから、確定申告、会社の方でやってくれるはずです)をしないといけないのです。

ただ、気になるのが負けた場合に必要かどうかです。

勝った場合はしないといけないでしょうが、負けた場合はしなくてもいいのでしょう?

結論からいうと、負けた場合はどちらでも構わないのです。

原則として、確定申告(ネットで申告できるe-Taxは、運用されてから10年も経つそうです)をしなけれねいけない場合は利益が出た時です。

そのため、負けた時はしなくても特に問題ありません。

しかし、これからもFX(外為証拠金取引のことですね)を続けるなら、負けた場合もできれば確定申告(給与所得者で収入源が会社だけなら、会社の方でやってくれるはずです)をしておいた方がいいですね。

なぜなら、確定申告(主に個人事業主や年金生活者などが行うべき手続きです)をしておけば、翌年以降に発生した利益と相殺出来るのでです。

つまり、節税効果があるということですから、やらないよりもやっておいた方がいいと思ってください。

このことを損失の繰越控除と呼び、繰り越せるのは最長で3年となるでしょう。

確定申告(年明けすぐくらいから準備をしないと、直前にはものすごく混みあいます)と言うと面倒なイメージもありますが、するかしないかで税金が大きく変わってきますから、負けてもしておいた方がいいですよ。

はじめてでやり方が分からない場合は、税務署で相談するとやさしく教えてくれます・メルラインならワンステップで済む