FX(外為証拠金取引のことですね)は勝率よりも損益率が重要だと言われているものですが、本当のことなのでしょうか?

結論からいうと、本当です。

勝率にこだわるよりも、損益率に拘った方がいいと思ってください。

勝率は悪くないのに、損失を出す人は?多くいます。

例えば、十回取引をして、七回成功してもマイナスになる可能性もあると言えます。

逆に、10回取引をして、5回の成功でプラスになるケースもあります。

どちらを目指せばよいのかと言いますと、もちろん、後者です。

勝率が良くても一回の取引で大きな損失を出してしまって、それを取り戻せないこともありますね。

極端な話、十回取引をして、9回で壱萬円ずつ勝っていても、10回目で1一〇〇〇〇円の利益が出ないとマイナスだと言えるのではないでしょうか?

どれだけ勝率が高くても、トータルで見てマイナスなら意味がありません。

損益率は勝ちトレードの平均利益÷負けトレードの平均損失で計算することができ、数値が1でプラスマイナスゼロ、数値が大きくなるほど利益が出ていると言う事ですね。

この損益率を計算しながらFX(外貨を保有することで金利をもらえる可能性もありますが、逆に支払う可能性もあります)投資をすると、貴方の現状が理解出来るようになっています・緑黄色野菜も含まれる青汁サラダプラス